新築マンションの青田買い

新築マンション選びのときには、既に建っている建物や駅だけでなく、今後の都市開発計画についても情報を集めておくことが大切です。というのは、それまでは駅から徒歩20分以上かかる不便な物件が、あるとき新しく駅ができることになり、一気に資産価値が上がったという事例もよく見かけられるからです。
首都圏を中心とした大都市では、既にびっしり建物がありこれ以上の開発はされないと思い込んでしまいがちですが、よく調べてみれば毎年細かく開発や開通が進んでいることに気が付きます。駅や新しいランドマークとなる建物が一つできることで、利便性が大きく改善されることもよくあります。
新築マンション購入時の一つのテクニックとして、この新しい計画が始まる前に思い切って青田買いをしてしまうという方法があります。実際に開発が始まり、あるいは施設が完成してしまってから同じ物件を購入しようとすれば、平気で数割程度割増された価格がついてしまいます。数年後に開発が決まっている場所であれば、最初の数年は多少の不便を我慢し、その後の資産価値の上昇にかけるということも良い方法でしょう。
新築マンションは、これから開発が決まっている広い土地にできることがよくあります。最初は田舎に思える土地も、数年のうちに利便性に優れた都会に変わることもあるので、できるだけ将来の様子までも想定しながら選ぶようにするとよいでしょう。値上がり前に優良物件をおさえることができれば賢い買い物になります。